2012年01月04日

告白。

この記事をいつか書こうと決めていました。
そしてその時のタイトルは告白にしようと。

新年を迎え、三が日が過ぎ。2012年の始まりです。
昨年は東日本大震災を中心に日本中から個人レベルまでどーんと気分が落ち込んだ年でありました。
多くの著名人の訃報も頭をガーン!と叩きつけられるようでしたね。

僕個人の周りでもそれはあり、4月に父方の祖父が他界しました。
子供の頃考えた「いつか来るかも知れない日」が初めて来た日でした。

そして5月の末、母の乳がんが発覚。
家族一同「まさか」の事態で、心中穏やかでない日々が続きました。
結論から言うと、初期の乳がんであり抗がん剤投与と手術で治療が出来る状態でした。
(〇〇でした☓☓でしたばっかりで嫌だな…でもしょうがない)
昨年12月で抗がん剤治療は終わり、明日入院し明後日ついに手術です。本人も家族もどこかしら緊張しています。

これが、この記事のタイトルの意味でした。これはとても言いにくくて。
ただ、年も明けたし、あとはもう良くなる一方なので記しておこうと。
至って本人は元気なのですよ。よく笑うし。こんな時間まで起きてるしw

だからねー。これ読んでくれてる女性の皆さん、乳がんや子宮がんの検診は出来るだけ早めにして欲しいです。
テレビドラマみたいにとんとんと進まないんです、治療って。
段階があって、その段階を進むには長い期間と費用と強い精神と勉強が必要で。
見てるだけでも辛い場面が何回もありました。

自分のこととなると「病気になるとしてもまだまだ先のことだろうから良いやー」って思っちゃうんだけど、
親や身内がなるとほんと辛いですよ。自分が健康な分とても辛い。

大した文じゃないけど、これ書けるようになって良かった。
少しスッキリしました。
続きを読む
posted by syozopanda at 02:13| Nikki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする