2013年10月21日

夜中にバッと起きてしまった夢の話。

その集まりは盛大に、だけど淡々と進む。
そこに一人一人の意見や思想などはいらない。
台本通り、あるいは彼らの思うようにだけ過ぎていく。
偽善と理想論と作られた英雄譚が所狭しと並べられ、僕らはひたすらうんうんと頷いているだけ。おぉ〜と感嘆を漏らすだけ。
その集まりが終わった途端「クソだわ」と思ってしまうとしても、つつがなく終えようとしている姿勢がたまらなく滑稽で、でも楽しそうだった。

大人になると言う事は、難しくも何ともない。
ただひたすらめんどくさいんだ。

そんな、夢。
posted by syozopanda at 03:01| Nikki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする