2015年01月22日

2014-BEST@。

明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします!
と、いうわけで。
2015年ももう20日以上経過してしまいました。
いい年にしていきましょうぞー!

では、2014年よく聴いたアルバムまとめ。
ランキングではなく、あくまでも「よく聴いた」っていうことで。

1,the HIATUS『Keeper of the flame』

細美武士率いるthe HIATUSの4thアルバム。
初めて聴いた瞬間は「?」だった。
全曲英語詩であり、雰囲気的にも暗いイメージ。
前作「A World Of Pandemonium」が好きすぎてパッとしない感じを抱いたのも事実。
が、しかし!
7月にライブを観て感想が180℃変わりました。
前作が混沌とした世界に流れる綺麗な川だとしたら。
今作は夜に鈍く光る透明な水のようなもので、
一見真っ暗で真っ黒に見える得体のしれないものだけれど、よく見るととても澄んでいてピュアな水。
そんな感じ。
それに気づいてからはしばらくこのアルバムしか聴けなかった。
反動でエルレのアルバムを揃えてひと通り改めて聴いたり、スペシャでやってた特番を観たり。
どっぷりと細美さんの世界に浸っていました。
ギターロックを越えて、大人数で奏でる「音楽」を越えて。
たどり着いたこのアルバムは、the HIATUSが見つけた新しい地。
草木が枯れた荒れ地を必死で豊かな土壌にしているかのよう。
反骨精神というか貪欲というか、音楽に対する愛情が怒りに変わるレベルまで。
考えて考えて表現してる。非常にストイックです。

今回のアルバムで思ったのは
(とても良い意味で)「キャッチーすぎないこと」。
耳馴染みが良い音楽とは本来こういうものかもしれない。
音楽家は音源の完成までにその曲を何回も何回も聴く。
でも、リスナーは一聴しただけですぐに好き嫌いを判断しがちで。
制作側ほど聴けとは言わないけれど、もっと聴いてから判断してもいいんじゃない?
と、音楽家目線では思ってしまうんです。
もちろんこのアルバムを一聴しただけで「好き!」って思った人もいるでしょうが。

具体的に曲に触れると、…全曲好きなのだけど、
M2「Something Ever After」
M3「Unhurt」
M5「Sunset Off The Coastline」
M8「Tales Of Sorrow Street」
あたりがとても光ってる。
加えてシングル(EP)「Horse Riding」収録の3曲。
とか言い出したらやっぱり全曲良い。笑

演奏面では、今回から正式メンバーとなった伊澤一葉氏(ex東京事変、あっぱ)のピアノがとてもかっこいい。
あとやっぱり柏倉さんのドラム。
もう柏倉さんのドラムが聴けるだけで幸せ。かっこ良すぎるよ…!

おそらく出るであろうライブ映像作品が楽しみです。
このアルバムはライブ風景を観た方が二倍も三倍も理解が深まる気がします。
不思議ですね、ライブって。

これからの活動が楽しみで仕方ないバンドです。
でも細美さん、ライブ代はもちっと高くても大丈夫ですよ…!
いくらなんでも安すぎます…!


ずらずらと10作品くらい書こうと思ってましたけど、長くなってしまったw
マイペースに一個ずつやっていきます。笑
posted by syozopanda at 17:21| Comment(0) | Nikki | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。